2018



紅葉の那須岳



2018.10.20 SAT 天気:晴れのち小雨

8:05
 先週末の土曜日、なんとか天候も回復してくれたので、紅葉の那須岳を訪れてみました。
 この季節は用意された駐車場に入りきれなくなることも多いので、ロープウエイの営業時間前に現地に到着です。

 

 それでもやっぱり登山客で第1便のロープウエイはいっぱい、第2便で山頂駅に向かいます。
 ロープウエイを使うことなく山頂を目指すことはできるのですが、このロープウエイの眼下がいちばんの紅葉の見どころなので、
やっぱり片道だけでも乗るべきでしょう。









8:45
 ほんの5分ほどで山頂駅に到着、ここから登山開始です。





 那須岳というのは、この一帯の山々の総称で、その中心にあるのが茶臼岳(1915m)です。今その茶臼岳を正面に臨んでいます。
 この日の天気予報は昼から曇り、ところによっては雷雨という予報。寒気が入り始めているらしく、ご覧の通りの北西の強風(15m/s)、
気温は6℃から7℃度といったところで、とっても寒い。



 山頂の眺望は良くなさそうなので、牛ヶ首という尾根を目指します。
 足元は高山植物でいっぱい。





 牛ヶ首の手前は紅葉がいちめんに広がるところなのですが(紅葉を見るには山頂よりもずっと良い)、もうこのときには紅葉の
ピークを少し過ぎている感じでした。でもまだまだきれい。



 正面に見えるのが日の出平(1776m)、こちらも絶景スポット。なんとかピークも望めるので行ってみることにしました。
 ここまで登ってくると、季節は初冬といった感じだね。





 雲の切れ間から沼原や三斗小屋方面まで望めて、とりあえずは満足です。(もちろん晴れていたら、もっと良かったに違いないですが)







 茶臼岳の山頂の西側をまいて帰ることにします。このあたりは火山活動が続く場所で、ところどころから噴煙が上がっています。
 様々な風景が簡単に望めるのも那須の魅力の一つです。初心者でも登れる山なんだけど、ちゃんとした登山をしたって気分になれます。
そういうこともあってか入山者はとても多く、最近ではハイヒールでここまでやってくる中国人観光客がいたりします・・・。





 那須岳は冬の一歩手前、冠雪するのも間近い感じでした。
 この紅葉の時期を過ぎると観光客の数も減り、那須は本当に静かな季節を迎えます。



11:50
 おなかも空いたので小椋というお蕎麦屋さんに行ってみることにしました。

 

 那須にはたくさんのお蕎麦屋さんがあるのですが、こちらはそのなかでも名店の一つです。もちろんとってもおいしい。



13:00
 帰ってきてもまだまだ明るいので、庭の草刈りをします。ぐっと涼しくなってきたので、草刈りも今年はこれが最後かな?





 ヒメリンゴが真っ赤、鳥さんたちへのプレゼントです。



 落ち葉もいっぱい。たくさんの樹々に囲まれているので、11月ぐらいになると我家は一面枯葉に覆われてしまいます。





10.21 SUN 天気:晴れ
7:00
 今日は朝から絶好の行楽日和になる予報。ということで紅葉ドライブに出かけます。

 

 やってきたのは山を一つ越えた国道121号線(旧会津西街道)です。
 朝方には川霧が必ずと言って良いほどあたりを覆い、しっとりとした良い感じになります。

 

 ここは野岩鉄道の中三依温泉駅です。この大きな銀杏が紅葉した様は実に見事なのですが、まだちょっと早かった。
 あとクマが出るという注意の看板があったので、このあたりをうろうろするのはやめました。



 湯西川の道の駅あたりまでやってくるときれいに晴れてきた。
 ふと気づいたのは旧道にかかるこちらの橋、なんとも風情があるなあ。









 このあたりは観光地でもなんでもないところだけど、なっかとっても心が癒されます。
 次もまたどこか紅葉のきれいなところを探して旅をしようかと思います。



camera: Panasonic LUMIX GX8 + G VARIO 12mm-32mm / graphic tool: GIMP 2.8 + Ichikawa Daisy Collage 10



サイトのトップページにとびます