2018



年末のお買い物



2018.12.29 FRI 天気:晴れのち雪

7:30
 ここ何年か、年末はいくつか道の駅や直売所などを巡ってお正月に使う食材などを購入しています。この時期は野菜の値段がむちゃくちゃ高いので、
道の駅や直売所の存在は本当にありがたいです。



 東北自動車道を鹿沼ICで降りて宇都宮市街の北側を走行中です。やっと夜が明けてきました。別にどうってことない風景ですが、この時間帯って
魔法のようにすべてが印象的に見えてしまいます。




 たまたま通りかかったマンション。なんか存在感があるなあ・・・。



 旧日光街道を移動していたら、ひっきりなしに車が入ってゆくお店を発見しました。



 こちらアンシェンヌというパン屋さんで、もちっとした食パンとか自家製酵母のバケットなどがイチオシみたいです。バイク乗りもモーニングを食べに
訪れていて結構な人気店。こちらで本日最初のお買い物です。

  



8:40
 旧陸羽街道の宿場街の名残を残す宇都宮の旧白沢地区にやってきました。



 このあたりは水の豊かなところで、旧街道沿いには水路や復元された水車などを見ることができます。またこの周辺には広大な田んぼもひろがっています。
豊富な水と米があれば当然のように酒蔵もある。

 

 こちらは井上清吉商店、つくっているお酒の銘柄は「澤姫」。目の覚めるような切れの良いお酒です。また今年も掲げられた賞状の数が増えてるな・・・・。
 栃木県北部から福島県あたりは今いちばん活気のある酒どころの一つではないでしょうか。 お正月にはみんなでおいしいお酒を持ち寄るのだけれど、
このあたりのお酒は欠かせません。



 町中も少しだけお散歩です。





 高台にある白髭神社。まわりの樹木が切られてしまってなんか殺風景になってしまいましたが、創建は江戸時代の初めと伝えられ、白沢七福神の
ひとつ大黒天が祀られています。

 



9:25
 こちらは道の駅「喜連川」です。産直の野菜をこちらでたっぷりと仕入れます。たとえば白菜だと、小さなものは100円ぐらいから買えます。

 

 この道の駅は大正ロマンをテーマにしていて、内外装がとてもおしゃれ。近隣はもちろん栃木県北部の名産品も一通り買うことができます。
あと足湯のサービスなんかもあります。



10:50
 またまた酒蔵にやってきました。

 

 こちらは大田原の山間にある渡辺酒造、こちらもいつも良いお酒造っています。メインは「旭興」、もう一つ「たまか」という銘柄も
あって、こちらは山廃仕込みらしいきりっとした酸味のあるお酒です。

 さてこのあとは久しぶりに、白河の名店とら食堂でラーメンを食べようと思います。



 あれ? なんで雪なんか降ってるの? 天気予報は晴れ時々曇りだったはず・・・。
 どうやら寒気が甲子高原を抜けてこちらまでやってきたみたいです。今回はまだスタッドレスタイヤに変えていないし、チェーンも積んでいない・・・。
年末につまらないところで無理をしてもしょうがないので、あと5kmというところで引き返しました。


 

 栃木と福島の県境に近いところにある「いげたや」。こちらも人気のあるラーメン店です。あっさりとした素朴な味、もちっとした麺が特徴かな。セットで
注文するとけっこうなボリュームです。



13:30
 雪も舞ってるし、とっても寒いので今日のお買い物旅はここまで、あとは久しぶりに黒磯の街のなかを散策です。

 



 たまたまですが、同じ時期に鶴瓶と俳優の生田斗真さんがNHKの「家族に乾杯」って番組でこの通りにやってきたみたいですね。通称、この通りの
ことをSHOZO通りとも言うのですが、来るたびに変化があっておもしろいです。

 

 その中心とも言えるカフェSHOZOで休憩です。




 そうこうしているうちに、だんだん雪が本格的に降り始め、路面が白くなってきちゃいました。
 このままだと標高の高い那須の家(別荘)までたどり着けなくなる可能性もあるし、もしたどり着けたとしても明朝身動きが取れなくなる可能性もある・・・。





 しょうがないな・・・。やむなく大田原に戻ってチェーンを購入。(ちなみに神奈川の方の自宅にはスタッドレスもチェーンもあるのでもったいない)
 でもご覧の通り那須より南は雪など積もってないし、晴れ間さえある。世の中こんなものです。



 

 途中、スーパーに寄って今日は鍋。
 今日買った澤姫を1本開けました。車の中に放置していた澤姫は、きりきりに冷えてました。(外はすでに-1℃) 冷えすぎているとおいしくないので
部屋の置いて30分ほど我慢、すると酸味とうまみがひろがって良い感じになりました。今年の澤姫も良いです。



 外はとても静か。静かってことは雪が深々と積もってあたりの音を吸収しているってこと。
 「晴れ時々曇り、山間部では一部雪が降ることもあるでしょう。」という天気予報の「一部」とは、どうやらこのあたりのことを言ってたみたいですね。





2018.11.24 SAT 天気:晴れ
7:30
 次の日の早朝。



 すごい、当たり前ですがあたりは真っ白。気温-4℃。




 今日は海産物を目指して日立方面に向かおうと思います。
 路面はカチンカチン。でもチェーンが必要だったのは最初だけ、5kmも走ると雪の痕跡すらありませんでした。



8:45
 がらっと風景は変わって、こちらは茨木県北部にある道の駅「みわ」。常陸大宮から車で30分ぐらい山に入ったところにあります。

 

 ここのおすすめはやはりキノコ類ですね。あと地のものじゃないけど根菜類がとっても安い。ジャガイモ1袋100円、ニンジン1箱800円、
玉ねぎ5kgで1000円といった感じです。





  この道の駅の近くには高部という古い町並みがそのまま残っているところがあります。

 

 

 もともとここは城下町・宿場町として発展してきたところで、その地割は江戸時代から全く変わっていないそうです。今はもう営業していないけど、
旅館や料亭、郵便局などの歴史的な建造物が昔の姿そのままに残っています。
 まるで何十年も前にタイムスリップしたみたいな感じです。



 ここにはおしゃれなお店やお土産屋さんなどはないです。
 ただただ本当の意味での昔の風景が残るのみ。想像力を働かせながらお散歩するのが一番良いと思います。



10:30
 3時間かけて日立の港までやってきました。こちらは道の駅「日立」です。



 ちょっとおなかも空いてきたので、こちらでまずは食事です。

 

 好きな分のご飯をとり、あとは100円から250円ぐらいのパックされた海産物をとって、自分の好みの海鮮丼を完成させるシステムです。
これだけとって二人で2000円足らず、味も間違いなし。
 もちろんこのあとちゃんとお買い物もしました。



 せっかくなので、日立港を見下ろすことのできる公園までやってきました。





 今朝がたの風景とは変わって乾燥した晴天。ついさっきまで雪の中にいたとは思えないぐらいです。
 これにて今回のお買い物旅は終了です。







 こちらは元旦の夜の食卓です。

 

 年末に仕込んだ食材で料理を作ります。いつからかは忘れてしまったけれど、もうここのところずっと、自分の手料理が年始の食卓を賑わすようになっています。
 ちなみ元旦のメインはアンコウ鍋、あとは本マグロの赤身のづけ、タイのこぶ締め、タコのカルパッチョなどでした。日立港の魚介類に栃木のお野菜、そしてあちこち
から入手したお酒。特別なことはしなくとも十分においしい。最高の贅沢だと思います。



 問題はこれでウエストが+3cmほど増えてしまったことですが、またまたEMSでお腹プルプルさせて減らすことにします。

 こんな感じで今年もスタートしましたが、4日からはちゃんと平常の活動に戻ります。創作活動も再開しました。1/24のジオラマ、1/150の五能線、
昔つくった球体関節人形 asumi のリメイク・・・、このあたりはもう少しで完成。自分のやっていることが結局どういう方向に向かうのか、ゴールが
今一つ見えてこないところもありますが、そこは地道に作品づくりをするなかで模索してゆきたいと思います。



2019.01
camera: Canon PowerShot G7X / graphic tool: SILKYPIX Developer Studio Pro.7 + GIMP 2.8 + Ichikawa Daisy Collage 10 Collage 10



サイトのトップページにとびます