eye4工房番外編

驫木駅



 今年の夏に行った五能線の旅、やっぱりいちばん印象に残ったのは驫木駅かな。前面は日本海、近くには民家が1軒のみ、
秘境というわけではないけれど、とても印象に残る駅で、また夕日の名所としても有名です。



 今回はこの駅をできるだけ忠実に再現してみたいと思います。但しいくら小さいとはいえ、海岸から駅の入口まで再現するとそれなりの
大きさになってしまうので、駅以外については縮小、簡略化したいと思います。そして最終的には20cm×50cmの手頃な大きさにまとめたい
と思っています。



1 ベース部分の造形

  通常、ベースボードの上の起伏は発泡スチロールやスチレンボードを大まかに切って貼り、その上にプラスタークロスや粘土を盛って
形を整えてゆくのですが、それだとどうしても重くなりがちで、また細かな起伏も再現しづらいです。そこで今回は2mm厚のスチレンペーパー
を細かく切ったものを組み合わせ、多面体で地形を表現することにします。


1 30mm×6mmの角材を組み合わせてフレームを
 つくります。
2 5mmの厚さのスチレンボードをこの上に張り合わ
 せます。段差は海岸との高低差になります。
3 段差にできた隙間は厚紙で隠します。これがその
 まま海岸線の護岸になります。

4 細かな位置関係を確認のうえ、KATOの248mmの
 レール2本をボンドで貼り付けました。
5 写真を参考にして、2mmと3mmのスチレンペーパー
 でホーム部分をつくったところです。

 考えた末、駅の前にある民家は省略することにしました。


6 道路の高さに合わせて3mm厚のスチレンペーパー
 を立てます。
7 2mm厚のスチレンペーパーを切り、道路や地形
 そのものを多面体で組み立ててゆきます。

 こちらが仕上がったところです。



 多少時間はかかりますが、この方法だと微妙な起伏も正確に表現できます。そして何より軽量で、仕上がってしまえば
強度的にも十分です。


8 角のできているところにモデリングペーストを
 塗り、必要に応じて少量の粘土で変化をつけます。
9 リキテックスカラーで全体を下塗りしたところです。
 地面はブラウンとグレーを混ぜた色合いです。

10 いちばん細かなバラストをまいているところです。
 海岸なので赤さび色のものがぴったり。
11 まき終えたら全体に霧を吹き、そのあと薄めた
 ボンドをスポイトで落とします。
12 乾いたところで、車両の走行に支障がありそうな
 バラストを落としてゆきます。

 次は駅のホームをつくります。写真を見ると驫木駅のホームは短く狭いのですが、白線やコンクリート、アスファルトの補修跡が
細かく入っていてけっこう複雑です。またホームの五所川原寄りは、水抜きのためのコンクリート製の側溝を積み重ねてつくっている
ように見えます。

13 ホームの五所川原寄りは側溝の積み重ねられた
 状態をプリンターで印刷し、貼り付けました。
14 白線や舗装の色違いなどは、丹念にマスキング
 して表現しました。
15 細かな砂をホーム周辺にまいているところです。
 固定は薄めたボンドで行います。

 ホームはこれで完成です。なんとなく全体像が見えてきたかな。



 実際は海岸までの距離はもっと遠く、その間にはテトラポットが大量に積み重ねられている場所もあるのですが、今回そこは省略、
縮小することにしました。
 でもまあ実際、ここを訪れたことのある人でもテトラポットの存在に気づく人はほとんどいないでしょうし。





 次に海岸をつくります。



 使用するのは砂、細かなバラスト、砂利といったところです。こういうものは何種類か手元にあった方が良いね。あればあるほど
表現の幅がひろがる。


16 全体に細かな砂をまき、水で薄めたボンドで固定
 します。
17 適宜、細かなバラスト、砂利などをおいてゆき
 ます。固定はスーパーフィックスがベスト。


 次に日本海を表現します。



 基本は少量の青と緑のリキテックスを混ぜたリアリスティックウオーターで平らな水面をつくり、その上にKATOの「さざ波」で
凹凸をつくるという形になります。


18 縁をマスキングテープでつくり、着色したリアリス
 ティックウオーターを流し込みます。
19 流し込むリアリスティックウオーターの着色を徐々
 に薄くしながら、複数回これを繰り返します。
20 乾いたところで「さざ波」で凹凸をつくてゆきます。
 白波を立てるところは特に厚めにします。

21 モデリングペーストで白波を表現します。ここも
 写真が参考になります。

 リアリスティックウオーターはともかく乾きにくいです。完全に流動性がなくなるまで半月かかります。必要に応じて
扇風機などを使って乾燥させましょう。あとヒケ(乾燥にともなう体積の減少)も大きいので、一度に完成させようと思わず、
しばらくしたらやり直すぐらいのつもりの方が良いと思います。





 次は草原の表現かな。けっこうボリュームがあるので大変そう。でもまあ、tomix のキハ48 五能線が発売されるまで
あと1月以上あるので、焦らず作業をすすめたいと思います。



2018.10
camera: Panasonic LUMIX GX8 + M.ZUIKO DIGITAL 12mm-50mm / graphic tool: GIMP 2.8 + Ichikawa Daisy Collage 10



サイトのトップページにとびます