工房3
                                   eye4 factry 3

                                          2013−


                   当工房で制作したドールとフィギュア、ジオラマなどを年代別に整理しました。なお参照できる画像も
                  こちらから検索することができます。



          photo   新規ページ   人形の完成画像                 
    123  123  展示室、旅、里だよりのページへのリンク
        └─ 赤のボタンはリンク先に裸像を含みますのでご注意ください。

type   D: オリジナルドール
  F: オリジナルフィギュア
  H: オリジナルヘッドと市販のボディのハイブリッド
    R: 市販品のリメイク
    S: ジオラマ、Nゲージレイアウト
  ●:作者の手元から離れたもの
  
:原型化したもの

2017以前へ


2018 ★ 初の個展を開催しました
DOLL DIORAMA,N-gauge,etc
1 S
007
最後の冬
1/150
 雪国の架空の無人駅をイメージして制作しました。
撮影した画像は「N」という鉄道模型の雑誌で最優秀賞
をいただきました。

                        click >>
3
034
akane

gallery
697 723 801 814 A0002
diorama
A0026

(石塑粘土 56cm)
 自分流制作方法の集大成です。これまでにつくって
きたお人形のなかでもいちばん完成度が高いです。

6
 021
×1
ikumi
300


gallery
712 713


(レジンキャストヘッド + TBLeague s24A 29cm)
 TBLeagueボディがオビツサイズになって再登場する
というので、もう一度従来のヘッドに手を加えてみました。

9 H
022
×1

sayaka
400
nasu
682 768
making
730
event
731 807
gallery
734 754 771
813 A0016 A0019 A0023 A0036 A0044
trip
735 737 739 745 757 759 760 763 767 777 778
780 784 796 798 802 804 809 A0003 A0008
A0022


(レジンキャストヘッド + TBLeague s26A or オビツ27SBH )
 TBLeagueボディ に対応させました。

9
023
×1

nano
600
nasu
682 768
making
730
gallery
733 746 747 753 771 775 797 A0001 A0004 A0006
A0013 A0020 A0027 A0029 A0031 A0035 A0038
trip
735 737 743 745 757 758 762 763 767 776 777
778 780 784 798 803 804 809 A0003 A0008 A0028
event
756 807

(レジンキャストヘッド + TBLeague s26A or オビツ27SBH )
 TBLeagueボディに対応させました。メイクやアイホール
の修正もしています。



10 S
008
cappuccino
1/24
駐車場に降りた瞬間、風のいたずらが・・・。

                        click >>

2019     ★ 人形展示用のジオラマをたくさんつくってます
               
DOLL DIORAMA,N-gauge,etc
1 S
009
驫木駅
1/150
 夕日の名所として知られる五能線の駅です。

                        click >>


1 S
010
Kittyの部屋
1/24
 格安のドールハウスキットを利用してジオラマを
つくりました。

                        click >>
2
 024
×1
ikumi
400


gallery
765 773 779 794 820

trip
783 792


(レジンキャストヘッド + TBLeague s24A 28cm)
 リアル系ヘッドのドールですが、アイの奥まで光が入らない欠点を修正しました。

3
013_2
asumi making
772
gallery
774 786 A0015 A0017

(石塑粘土 50cm)
 11年前の作品をリメ\イクしました。ボディラインや関節の修正のほか、パール塗装や補色塗装などを試みました。


5 S
011
腐海の尽きるところ
1/20
 風の谷のナウシカの世界を再現しています。

                        click >>


5 S
012
賽の河原
1/6
 恐山をモチーフにした大スケールのジオラマです。


                        click >>


5 S
013
森の神社
1/6
 森の中にある小さな神社をイメージしました。


                        click >>
6
004

kana making
790
gallery
791

(石塑粘土 50cm)
 TBLeague-T01Aのヘッドを自分なりにリメイクしたものです。

6 S
014
stratum
1/3
 その存在としての人形の生命は永遠であるみたいなテーマで制作しました。ベースは12年前に制作したオリジナル球体関節人形の sara です。


                        click >>
7
035
iria

gallery
795


(石塑粘土 58cm)
 少し足の長い美人さんに仕上げてみました。肌の仕上げにも工夫をしています。

7
 025
×1
ikumi
500
nasu
682 768
gallery
800 806 811 A0025 A0030 A0034
trip
799 A0021 A0024


(レジンキャストヘッド + TBLeague s24A 27cm)
 唇まわりと目頭の部分の厚みの調整を行いました。

8
026
×3

pico
201

gallery
815

(オリジナルヘッド+ピコニーモボディ 14cm)
 個展に向けて旧作品をリメイク、おもにアイとアイホールの修正を行っています。


9 S
015
小さな丘 冬 現在
1/150
 小さな丘の上に立つ1本の樹をテーマにした連作の第1弾です。


                        click >>


10 S
016
小さな丘 春 現在
1/150
 雪解けした丘に、いっせいに小さな花が咲き始めました。そこに一人の女性が訪ねてきた。


                        click >>


12 S
017
小さな丘 初夏 遠い昔
1/150
 小さな丘の過去の風景です。ずっと昔、ここにお花畑に囲まれた家がりました。


                        click >>



2020                
                 
DOLL DIORAMA,N-gauge,etc

003_2
sakura making
A0009

gallery
A0012

(石塑粘土 52cm)
 11年前の作品を現時点で、自分のスタンダードな様式につくりかえました。3体目の作品としてはがんばっていたなと、今でも思います。


1 S
018
古いドア
1/3
 歴史を重ねたアパートの玄関先を再現しました。ドアや壁、歩道といった部分の質感の再現が見どころです。


                        click >>


2 S
019
旅立ち
1/3
 アイルランド北西部の小さな町から旅に出るといったイメージでつくってみました。ポイントはレンガの質感を出す塗料の調合かな。


                        click >>


2 S
020
Alide's Dreamy Bedroom
1/24
 2000円ちょっとで購入できるドールハウスキットをベースにして遠い世界に夢をはせる女の子の部屋をつくってみました。


                        click >>


4 S
020
小さな訪問者
1/3
 風にのって、開けた窓から小さな訪問者が訪れた。そんなごくありふれた風景をジオラマにしてみました。


                        click >>


5 S
021
小さな丘 晩秋 そして
1/150
 小さな丘にある大きな出来事が起こりました。4部作の最終回です。


                        click >>


7 S
011_2
腐海の尽きるところ
1/20
 1年前に制作した「風の谷のナウシカ」の世界を、別な解釈で再現し直してみました。
                  click >>


7 S
022
LAST WALTZ
1/3
 横浜駅西口に実在するBARをモチーフにして、ドール展示用の背景をつくってみました
。                click >>


8
001_2
ayumi making
A0041


(石塑粘土 52cm)
 15年前に最初につくったオリジナル球体関節人形です。右も左も分からない手探りの状況でつくったので、1年半もかかりました。そしてまた15年ぶりにリメイクしたけど、最初の作品としては、よくがんばったなと感じました。




next.....
 今は個展の準備に忙しいので、その次は考えてないです。






TOP