2023



空飛ぶ潜水艦



2023.1.20 SAT 天気:晴れ
9:35
 今年はマイカーを車中泊仕様にするなどして、今まで自粛していた旅行も安全性を確保しながら再開してゆこうかと思ったりしています。
 とりあえずこの日は那須の別荘に向かう途中で喜連川というところに立ち寄ってみました。道の駅は別として、街中を散策するのは久しぶりのことです。この喜連川は
宇都宮の少し北にあって、旧喜連川藩の城下町だったところです。

 

 こちらは龍光寺、室町幕府の初代征夷大将軍・足利尊氏が創建したお寺です。
 室町幕府が滅んだあとは、その直系の子孫である喜連川氏の菩提寺となり、境内には歴代城主の墓所があります。

 平安に始まる武家社会ですが、その後の戦国大名に至るまで栄枯盛衰を繰り返し、最終的には豊臣秀吉によって全国が平定される。この間、様々な大名が滅んだとされていますが、
一方で直系の子孫がその後も当主を引き継ぎ続けた例も多いです。
 その代表的な例が、今「どうする家康」にも登場している今川氏真で、今川家滅亡後は徳川家康を頼り、家康の相談役を務めたり朝廷との交渉役などを任されていたと伝えられています。
 朝廷との交渉や様々な行事を司るなどの役割を担った武家を一般には「高家」といいますが、今川氏真はその最初に選任された人物でした。ほかにも上杉、武田などの武将の末裔が
こういった高家に任ぜられています。
 高家は石高こそ大名に及ばない一万石以下ではありましたが、幕府での地位は譜代大名以上とされていたそうです。

 ちなみにこちらの喜連川氏は高家ではなかったものの、足利幕府の将軍職を務めていた家系であるために、それに準ずる扱いを受け、石高5千石なれど地位としては10万石の譜代大名と
同等とされていたそうです。



 こちらは「御用堀」、きれいな水は160年前から農業用水にも利用されているそうです。その横には板塀が続くという、その昔は武家屋敷が立ち並んでいたという面影を感じます。


Via Sant'Andrea ( ヴィラサンタンドレア j-doll ジュンプランニング 26cm 2006 )





10:05
 こちらが「お丸山公園」、もともと喜連川藩のお城(御殿)のあったとろこです。遺構がきちんと残っていて、その入り口には再現された大手門もあります。
 画像の左奥は展望塔なのですが、震災で一部損壊して今もなお立ち入り禁止になっています。



 ここからの景色は素晴らしい。四方に遮るものはなく下野の国が一望できる。
 ただこの日は風がものすごく強くて寒かった。ちなみに上の画像もヘアーが乱れに乱れ、思いっきりCGアプリで修正しています。
 喜連川家は戦国から江戸に至る時代をこの地の領主として過ごし、明治になってからは自主的に領地を新政府に奉還、そして喜連川家は足利姓に復して子爵に叙せられたという話です。





 喜連川は城下町であるほかに、一方で江戸時代には奥州街道の宇都宮から3つ先の宿場町でもありました。石高の小さな喜連川藩としては、貴重な収入源だったみたいです。
 こちらは「和い話い広場」という観光案内所です。駐車場も隣接するので散策するならここを起点にするのも良いと思います。
 建物は旧喜連川銀行のもので、なかなかにおしゃれです。



 ほかにも大正昭和の時代を感じるような看板建築が多数あって、歩いていて楽しい。あちこちに撮影ポイントがあります。
 もちろん空き地や空き家もあって街自体が賑やかという訳ではないけれど、ちゃんと生業が成立している感じがある。
 正直なところ、数年前に訪れたときにはもっと寂しかった感じがする。地元の人の頑張りで、今少しずつ活性化しつつあるんじゃないのかな。道の駅「喜連川」はそれなりに賑わっているけど、
街中もなかなかに魅力的です。



 喜連川でのお散歩旅を満喫したところで那須に向かいます。
 那須にはたくさんのアーティストが在住していて、ギャラリーやお店などでその作品を拝見することができます。また1年に何度かはイベント等も開催されます。



13:00
 よく訪れるギャラリーバーンもその一つで、以前は絵画から立体造形、ミニチュア、家具、その他もろもろの作品が展示されていた。ここしばらくはコロナの感染拡大でギャラリー
としての利用も減ってしまってはいるのだけど、一方でオーナーの清野さんの作品がいつ行っても見ることができるという、自分としては少しだけ嬉しい状況にあるのも事実です。

 

 ここのところ清野さんが力を入れているのが動くおもちゃ。簡単な仕掛けなんだけど実にユーモラスに動く。

 

 クランクを回すと女の子の足がパタパタ。 ロボットの方は足が歩いているように動き、口も開く





13:20
 次に行ったのは那須中学校前にあるBAZZというカフェ&ギャラリーです。最近のヒット作はこちらの潜水艦シリーズ。

  

 このアイディアがユニーク、造形もカラーリングも的確、さすがに元アニメーターという感じです。夢がある。
 あと驚きなのは、このペーパークラフトですがモノにもよりますが、1日に1つぐらいのペースでできちゃうみたい。これは真似できない。





 やっと家に着いた。夏場はあれほど大変だった草刈りがないのはありがたい。
 一方で心配なのは水回りの凍結です。週明けには最低気温-8℃、最高気温-4℃と予想される日もあるので、細心の準備をしておきます。



16:50
 いつもの伽ラリーバーンに向かいます。この時期の那須はとっても静かなんだけど、やっぱり人気のあるお店はすぐに埋まってしまうので、今回はちゃんと
予約しておきました。

 

 こちらにも清野さんの作品がある。1月22日まで開催されていた殻々工房での個展「MEGA」も大盛況で終了したらしいです。 (たくさん売れたので、何度か追加納入されたみたいです)
 ちなみにこちらの殻々工房はバー&ギャラリーで、作品を眺めながら美味しいお酒やお料理をいただくことができます。しかもリーズナブル。

 

 この日いただいたなかでは「トリッパのトマト煮」が抜群に美味しかった。



 この時期の那須は無茶苦茶寒くて観光客も少なく、とっても静かです。でも決して休眠しているわけではない。
 昨年秋ぐらいから、徐々にではありますが小規模なイベントも開催されるようになりました。今は春の訪れを待ちこがれているという感じでしょうか。





 外に出ると北斗七星が輝いていた。
 明日は放射冷却でものすごく寒いに違いないです。



 

18:50
 家に帰ってきたけどまだ7時にもなっていない。
 とちおとめのお酒とビールを試しに混ぜたらとっても美味しかった。これをちびちびやりながらテレビを見て時間を過ごします。
 地元出身の いわむらかずお という絵本作家がいるのですが(東京生まれ)、「とちぎテレビ」を見ていたら、彼が原作をつくった「かんがえるカエルくん」というアニメを
放送していた。
 とっても哲学的で奥の深いお話、感動してしまいました。







1.21 SUN 天気:晴れのち曇り
6:30
 この日は久しぶりに茂木に寄ってみることにしました。この時期のおすすめは、何といっても城址公園のロウバイでしょう。
 この日の天気予報はもう午前9時ぐらいから曇ってしまうというので、那須を出たのはまだ暗い時間帯でした。幸い9時前には茂木城址に到着、まだきれいに晴れわたっていて
ロウバイの鑑賞にはベストなコンディションでした。

 

 茂木城址の本丸のすぐ下に「たばこ神社」があって、周辺にたくさんのロウバイが植えられています。
 このときはまだ咲きは三分といったところ。



 ロウバイは青い空が最も似合う花の一つだと思う。



 ロウバイの花の間から茂木の街並みが一望できます。
 この茂木城は鎌倉幕府の有力御家人だった八田知家が、奥州藤原氏討伐の功によりこの地を源頼朝より賜ったのがその始まりとされています。
 そして1610年に廃城になりますが、今もなお土塁や堀などが当時もまま残されています。

 でもこのお城の魅力というとその城構えもさることながら、四季折々の花が楽しめるというのがある。特にこの時期のロウバイ、春3月の桜、そして秋には山いちめんが彼岸花の赤で
染まるといった具合です。


 

9:05
 あと茂木で有名というと真岡鉄道の終点で、駅の東側には未成線が今もなおきちんと保存されているというのがある。
 真岡鉄道というとスイカ色の車両やSLが有名なのだけど、もともとは国鉄の地方路線だった。(今は第3セクターが運営)

 戦前は茨城県の常陸大宮まで延長される計画だったのですが、戦争でレールの敷設工事は中断し、そのまま実現することはなかったということです。でも今もなおトンネルはそのまま残り、
用地は徒歩での通行も可能だということです。

 地方鉄道ってどこも経営は厳しい。観光やその他いろいろ手は打っているけど、根本的にはそこに住む住民の数が増えないと、結局は地方自治体の負担が増えてゆく。
 久々にやってきたら、その跡地に芝生も植えられ、案内板なども設置されていた。調べたら今では未成線のツアーなんかもあるみたい。(ツアーだとトンネル等の施設にも入れるそうです)


 

 茂木っていうのはもともと水運の街だったところで、内陸ではありますが交易で賑わったところ。
 一方で水の逃げるところはなく、1986年には台風による洪水で大きな被害が出た。いまもあちこちの電信柱に「ここまで水かさが増した」という印としてテープが巻かれています。


 

 街中も昭和の雰囲気を残すお店がちらほら。でも決して賑わっているとは言えない。



 こちらは中心地にある「茂木町まちなか文化交流館」です。図書館やギャラリー、博物館が併設された施設で駐車場もある。街歩きの起点としても良いと思います。



 こちらは茂木を代表する和菓子屋さんだそうで、我家では「源太郎饅頭」と柚餅子を買いました。



 普通の家の駐車場です。デザイン感覚が良いなと思って撮影しました。

 

 自分たちはお城の駐車場に車を置いたので、最後はそこまで歩く。
 お城の手前になぜか暖簾をかけているところがあったので覗いてみたら、そこはコーヒー屋さんだった。今新しく開店準備をすすめているのだけど、その作業が終わる前に
裏口でこじんまりと営業を始めたそうな。
 とってもマイルドなタイのコーヒーでした。後ろのお寺で日向ぼっこしながらいただきました。


 

 茂木でいちばん賑わっているのはやはり道の駅かな、新鮮なお野菜が安く買えるので絶対におすすめです。
 あと地味なところでは道の駅の敷地内にある「旧古田土雅堂邸」です。古田土雅堂は明治大後期から大正時代に米国で活躍した日本画家で、帰国の際にこちらの家を輸入したのだという。



 モダンな構えでフォトジェニック、内部にはご本人の絵画も展示されていて、けっこうドール撮影には向いています。 (注意点としては休日のみ開館という点です)



 早く暖かくならないかな・・・。



2023.01
camera: Canon powershot G9X Mk.2 / graphic tool: SILKYPIX Developer Studio Pro.7 + GIMP 2.8 + Ichikawa Daisy Collage 10



サイトのトップページにとびます