2018





とら食堂

2018.04.20 FRI 天気:晴れ

7:00

 この日は那須へ向かう前に福島県の古殿町に立ち寄ります。ということで、いつもの東北道でなく常磐道で北に向かいます。
 途中、最初の休憩は守屋PAです。

 

 ここ守屋PAで朝食になりましたが、嬉しいことにここでは早朝から「せたが屋」のラーメンがいただけます。
 あっさりとした魚介系スープがおいしいです。こちらですべての具材を調理しているわけでもないのでしょうが、少なくともPA、SA
で食べられるラーメンのなかでは、自分的には間違いなく一番だと思います。



 

10:20
 古殿町というと樹齢400年の越代のサクラが有名です。(もちろん行った) けれどほかにもたくさんお花見のできるところがあって、さながら桜の里
と言っても良いのではないでしょうか。
 あとはおいしい水とお酒、お蕎麦などもいただけます。(詳細は前回更新した旅のページにUPしています)





 古殿町から那須に向かいます。
 途中、水郡線の里白石駅を通りかかったので、列車が通過するのを待って撮影します。



 昔から変わらぬ農村の風景が延々と続きます。



 ここは白河市の近郊、東深仁井田のあたり。やっぱり花は青空に良く似合う。





 

 近くに「小滝の清水」という湧水地がありました。何でもここは平安時代末期、前九年の役の頃に八幡太郎義家(源義家)が、この地に陣を置いたと
される場所です。たまたまですが、この日行った古殿八幡神社とつながりのある場所を見つけました。



16:00
 こちらもたまたまですが、白河でラーメンの世界では有名な「とら食堂」の前を通りかかりました。
 「こんなところにあったんだ・・・。」



 夕方の開店時間を待って入店します。
 うーんおいしいね。何がといってもうまく言えないけど、あたりまえのことをあたりまえにやると、こうなるってことなのかな。良いお醤油を使っていますが、
基本はとても薄味で、油もあっさりとしたものがわずかに浮いているだけ。朝食べた「せたが屋」もそうだったけど、だからこそ素材の味や風味が良く分かる。
ごまかしはききません。シンプルで最も基本的な構成のラーメンがおいしい、印象に残る味、だからすごい。



16:55
 那須に着くころにはもう夕方になっちゃいました。







 那須高原にはスーパーをはじめとして、コンビニやホームセンターまであるので、日常生活に必要なものはご近所だけですぐに揃う利便性はあります。
ただ本屋さんは車で30分近いところにしかなく、そこだけはちょっと不便でした。ところが、この日すぐそばに本屋さんができたことに気づいて大喜び。
場所がらガーデニングや自然観察、アウトドア関連の品ぞろえが充実していました。



18:10
 今日もまた開店と同時に殻々工房にお出かけです。

 

 本日の話題はといえば、Nという雑誌の鉄道模型フォトコンテストで自分の作品が最優秀賞になったこと。事前の連絡が全くなかったので、今日、
その雑誌を手にしたときには、目が点になってました。



2018.04.21 SAT 天気:晴れ
6:45
 さてさて、昨日の祝杯とそのあとユーミンのDVDを見たために若干の朝寝坊。
 おかげで朝食はコーヒーに昨日古殿で買ったお菓子やパンという、あまり健康的でないメニューになっちゃいました。



 そのあとはいつも通り庭のお手入れ。
 家自体は2LDKの平屋建てという、とてもコンパクトな物件なのですが、敷地だけはひろくて250坪もあります。だから草刈りは2人でやっても下手すると
2時間ほどかかったりもします。
 ただ過去の経験から雪解け直後の草が芽吹いたあたりの草刈りがポイントだということが分かってきて、特に春先はさぼれません。
(といっても、基本は放置に近い自然にまかせた庭づくりなんだけど)

  



 この努力が実ってというか、やっとというか、おかげで今年は植えたものや蒔いたもの、どこからか飛んできたものが4月になって一斉に花を
つけはじめました。



 ひととおり作業が終わった後、今日は以前にギャラリーバーンで買った巣箱を目の前の樹にくくりつけました。
 今年もまた誰か入ってくれるといいな。





8:50
 お天気も良いので近所をドライブです。



 那須岳はまだまだ冠雪していますが、麓の水田に水が入って、いよいよ春という感じです。





 こちらは大田原の羽田沼。カモの一家が仲良く泳いでいました。ここは白鳥の飛来地だったり、国の天然記念物ミヤコタナゴの生息地だったりする
場所で、カモの一家にとっても安心して暮らせる場所なんだろうね。

 

 こちらの沼の畔のほか、市内にはいくつかの農産物直売所があるのですが、暖かくなってきて、出品されるお野菜の種類や数がやっと豊富になって
きました。やっぱり春はいいね。




 

 こちらは白旗城址。後に黒羽藩主となる大関氏の室町時代の居城だったところです。ただ今では空堀と土塁が残っているのみです。
 このあたりには旧跡が点在し、松尾芭蕉がその足跡を残した場所でもあるので、まあお散歩するには良いかな。







 まあ、別に何がっていうわけでもないけど、春ってさてどことなくわくわくする季節ですね。
 お散歩しているのが楽しい。


nano&sayaka (オリジナルヘッド+オビツSBHボディ 27cm 2014,、2015)














ギャラリーバーン 2

2018.03.10 SAT 天気:くもりのち晴れ

8:50

 東北道を黒磯ICで降り、まずは烏ヶ森公園にやってきました。季節は春、もう梅の花とかが咲いているかな?と思ったわけです。
ところがまあこんな感じで、花どころか、草ですらまばらな状態。

 

 吹き抜ける風もとても冷たくて、まだまだこちらは冬です。
 ただこの日はこんな感じで一気に晴れてきて、ひなたぼっこには良い日になりました。





 こちらのホームセンターでお買い物です。近隣ではいちばん大きくて、ここで何でもそろいます。



 雪が溶け、庭いじりするにはちょうど良いタイミングじゃないかな? そう思って、花の苗や種、ガーデニング用品なんかを仕入れます。



 我が家に向かう途中、こちらギャラリーバーンにおじゃましました。



 ただ今、オーナーがハガキでからつくった作品がたくさん展示されているのですが、一ヶ月前に比べるとその数がずっと増えている。
以前は洋風の家が多かったのですが、ここしばらくは日本の古民家や船なんかを制作されているみたいです。

 



 サビの出方とか、塗装表面の荒らし方とか、その表現力がすごいね。とてもハガキと100均の絵の具だけでつくっているとは思えません。
参考になります。なんだかんだで、またここで1時間近く話し込んでしまいました。



12:40
 寄り道していたらもうお昼。こちらでお蕎麦をいただきました。とっても透明感のあるお蕎麦で美味しかったです。

 



 今度はコピスガーデンに寄り道。こちらでも花の苗を仕入れます。

 

 暖かくなると、こちらのお店もお花でいっぱいになるのですが、今はまだこんな感じ。
 でもクロッカスだけはいち早く咲き始めていて、季節の移り変わりめを主張してました。





14:00
 やっと家についてお庭の手入れを始めます。まずは雪の下に隠れていた笹などを電動草刈り機で刈ります。



 延々と2時間、手がしびれてきたところで終わりにします。それでもまだ全体の7割ほど。続きは次回ということで。



 こんなベンチを組み立ててt置いてみることにしました。



 連れは買ってきた耐火レンガを積んでかまどづくり。でもまだレンガの数が足りないね。コレじゃアジの干物も焼けません。
こちらもレンガを買い足して次回ということで。



18:10
 今晩は殻々工房へ。まずは暖かいカクテルで体を温めます。

 

 そのあとオーダーしたのは生カキと吟醸酒のセット、そして牛テールのシチューなど。ここにやってくると、安いながらも
那須に別荘を持てて良かったと思います。





03.11 SUN 天気:晴れ

5:50
 夜明け前は当たり前に寒いです。まだまだ氷点下4℃ぐらいになったりします。



 立派な霜柱ができてます。長さ10cmぐらいあります。





 さて今日はちょっと暖かいところに行こうかな・・・。




nano&sayaka (オリジナルヘッド+オビツSBHボディ 27cm 2014,、2015)











ギャラリーバーン 1

2018.02.10 SAT 天気:晴れ

 この日は佐野あたりで少し遊んでから那須に向かいました。道を急ぐわけではないので、景色の良さそうな道を選んでのドライブです。





 こちらは矢板の川崎城址公園あたり。



 少しずつ春の気配が・・・と言いたいところですが、那須はまだまだ雪景色。



15:50
 この時期の那須は観光客も少なく、1年で今がいちばん静かな季節です。そんなわけで営業していないお店があったり、開いていても営業時間を短くしている
お店もあったりで、夜になると本当に真っ暗になってしまいます。
 そんななか今日はちょっと早めの到着だったので、久々にギャラリーバーンを訪ねることができました。



 こちらのギャラリーでは現在、常設展を開催中。オーナーの作品を多数拝見することができます。



 

 そのなかでも特別リアルな作品をピックアップ。このへんの作品はハガキと絵具だけでつくっているんだって。
 ひえー! 下手な情景作家も真っ青な出来栄えです。しかもこのぐらいの作品なら1日でつくれるそうで、二度の驚き。





 

 コーヒーをいただきながら1時間半ほど有意義な時間を過ごさせていただきました。

 



7:00
 今晩は殻々工房へ出かけて夕食といきたかったのですが、こちらもオーナー研修中ということで自宅での夕食となりました。
 豚シャブと昼間買ったはんぺんなどをメインにして、旭興で乾杯。これはこれでまた贅沢。







02.11 SUN 天気:晴れ

5:50
 夜が明けたので自宅周辺をぐるりと一周、いちめんの雪です。
 今年は例年になく寒い冬で、最低気温-10℃を記録したみたいです。とはいえ昼の時間帯が少しずつ長くなって、寒さのピークは越えた感じもします。




nano&sayaka (オリジナルヘッド+オビツSBHボディ 27cm 2014,、2015)



8:30
 今日は春を探して南下します。現在、国道254号線を烏山方面に向かって移動中です。



 那須では小雪だったのですが、このあたりは昨晩雨が降ったみたいですね。







 那珂川の川縁をちょっとお散歩。
 川からもやが立ち上り、遠方が霞んでいます。





 沿道にあった農産物の直売所でお買い物、たくさんお野菜を仕入れました。
 このあたりはお蕎麦が名産品なので、打ち立てのお蕎麦も買います。

 

 こちらのお蕎麦ですが、翌朝とても美味しくいただきました。近くを通ったら、また買いたいと思います。



10:00
 茂木に到着。駅からちょっと離れたところにある城山公園に登ります。

 

 今、こちらのロウバイが満開です。青空を背景にするとこんなにきれい。
 ただ問題なのは近づかないとそれがよく分からないこと。この社のまわりにたくさん咲いているのですが、色が色なので背景が枯草だと紛れてしまいます。



 独特の香りがあたりを覆います。









だるま市

2018.01.07 SUN 天気:晴れ

6:45
 今年の冬はとっても寒く雪のトラブルが多いようですが、幸い我が家では今のところ大丈夫です。ただやっぱり例年よりは雪は多めです。



 前日の晩は少しだけ吹雪いて、周辺の木々が音をたてていました。
 ただ明け方には穏やかになって、今日は快晴の予報。



 
早朝のお散歩は気持ちいい、でもすごく寒い。






nano ( オリジナルヘッド+オビツSBHボディ 27cm 2014)



9:35
 この日は真岡でだるま市が開催されているようなので行ってみることにしました。

 

 川沿いが歩行者天国になっていて、だるまのほかにも食べ物中心の露店が100軒ほど立ち並んで、けっこうな賑わい。
 年明けの風物詩ですね。



 お値段はいちばん小さいもので500円、高いものは数万円。赤いものが基本だけど、いろんな色のものがあって、それぞれご
利益が違うみたいです。

 

 みなさんたくさんお買上。
 我が家も縁起をかついで小さなダルマをいくつか買って帰りました。

 

 テーブルの上のお友達がまた増えました。



 

 会場では地元商店街の主催する「寿くじ」も行われていました。1本200円で運が良ければ電化製品や旅行券が当たるというもの。
 運試しに1000円を投資したのですが、結果はご覧の通りでした。



10:40
 せっかくやってきたので真岡駅まで歩いてみることにしました。





 こちらは古くからあるお医者さんの脇の小径なのですが、なかなかに良い雰囲気です。





 こちらは1603年建立の海潮寺です。古い山門と手前の赤い橋が目を引きます。
 手前の行屋川の川岸には桜の木がたくさん植えられているのですが、たまたまサギが高い枝にとまっていました。
 今日は風もなくとても静か。





10:55
 真岡鉄道の起点、真岡駅です。

 

 真岡鉄道はたくさんの列車を動態保存しているのですが、そのいくつかは実際に触れてみることができます。





 隣接する展示施設キューロク館でちょっと撮影。
 たまたまだったけど、着ている服が背景にぴったりで、ちょっと嬉しいです。



 今年もこんな感じであちこちご紹介するつもりです。
 また今年もよろしくお願いいたします。



2018.01
camera: Panasonic LUMIX GX8 + M.ZUIKO DIGITAL 12mm-50mm/ graphic tool: SILKYPIX Developer Studio pro 7 + GIMP 2.8 + Ichikawa Daisy Collage 10



サイトのトップページにとびます