南西向きの部屋に光が差し込んだ
四角く切り取られた空には鰯雲
     ゆったりとした時間
     未来がいつもより遠い

   風が微かに外界の香りを運ぶ
   椅子に座った小さな人形
     その人形の瞳に凝縮された世界が微かに映る
     君はいったい何を見ている?

   
ようこそ 瞳に四角い鰯雲 へ
 このサイトでは自分の制作した様々なドールを紹介しています。
またその制作過程のほか、彼らを主人公にした物語、旅の記録
など、ドール&フィギュアの遊び方のようなものも提案しています。
 このサイトをご覧いただくにあたり、まずは制作と撮影の知識は、
ほぼ独学で身につけたものであるため、その内容については決し
て確立されたものではないことをご了解下さい。
 また数多いドールのサイトのなかでも、「瞳に四角い鰯雲」に
似たサイトはあまり見あたりません。もしかしたらちょっとだけ人形
に関する世界観のようなものも違っているのかもしれません。
 もしそのあたりのことにご理解いただけるようでしたら、どうぞ
このサイトの奥にお進み下さい。
                                   moo
 



        menu
目次ページ 最新の記事
today  
目次ページ 目次ページ 目次ページ 展示室 目次ページ   
new gallery trip   
目次ページ 物語 目次ページ 里だより        
doll photo story from nasu   
目次ページ 目次ページ 工房 目次ページ イベント
new eye4 factory doll event
更新履歴 撮影講座      
Hou to take a picture?  
更新履歴 制作講座・メンテナンス        
How to make a doll?      
更新履歴 その他 更新履歴 鉄道模型・ジオラマ 
etc N-gauge・diorama
更新履歴 リンク         
links 
更新履歴 管理人      
profile      
更新履歴 ブログ
blog   
 
            *)このサイトに関するご意見、ご感想などございましたらメールなどお送り下さい。
    迷惑メール対策してます。*を@に変えてください
    I'm taking countermeasures against spam. Please change * to @
      
              mail              
            *) 制作物の一部はヤフオクやイベントでおゆずりしています。  
              ヤフオク! しばらく出品予定はありません。
            *) 出展予定のイベントです。     
            デザインフェスタvol45 05.27 無事終了しました。
            ドールワールドリミテッド 12.03 参加確定





         today


.17.08.18
 Nゲージのコーナー更新です。由利高原鉄道の曲沢駅をモデル
にしたレイアウトが完成しました。
 スケールは1:150、フィギュアの大きさが1cmほどの小さな世界を
ご覧下さい。

 こちらは続編となりますので、最初から見る場合にはこちらから
どうぞ→

click !

.17.08.15
 旅のコーナー更新です。
 今回は早朝の築地から銀座、東京駅方面へとお散歩してきま
した。

click !

.17.08.09
 Nゲージのコーナー更新です。
 今度は由利高原鉄道の曲沢駅をモデルにしたレイアウトをつく
り始めました。今回は基本的な工作段階の解説です。

click !

.17.08.07
 旅のコーナー更新です。
 今回は等々力渓谷と自由が丘周辺を散策してきました。

click !

.17.07.30
 nanoの画像をUPしました。
 夜明け前の風景って、どこか印象派の絵画のようで、思わず
カメラを向けたくなってしまいます。

click !

.17.07.28
 里便りのコーナー更新です。
 今回は野岩鉄道、会津鉄道沿線の旅です。(といってもほとんど
自家用車での移動でしたが)

click !

.17.07.21
 saori の画像ページ、ならびに1:3ドール取り扱いのページにつ
いて一部加筆修正しました。おもにマグネット仕様とメンテナンス
方法に関するものです。

.17.07.20
 saori の画像をUPしました。こちらは準備が整い次第、ヤフオク
に出品する予定です。

click !

.17.07.15
 ここしばらく制作を続けてきた1:150のジオラマが完成したので、
その制作過程を更新しました。大きな画像もUPしています。
 こちらは続編となりますので、最初から見る場合にはこちらから
どうぞ→

 朝の連続ドラ「ひよっこ」がいい!
 有村架純ってこんなにかわいかったっけ? 可愛いもの大好き
なおじさんは完璧にはまっているぞ!

click !

.17.07.08
 自分の場合にはメインのカメラをだいたい数年に1回ぐらいの
割合で買い換えています。しばらく前には LUMIX GX8 を新たに
入手しました。
 たくさんあるカメラのなかで、どうしてこのカメラを選んだのか、
そしてそもそもどういうカメラがDOLLやミニチュア撮影に向くの
かといったところを自分なりにまとめてみました。
 今回の更新は久々の「最新カメラ事情3」です。最近撮影した
大きな画像もあるよ。

click !

.17.07.04
 1ヶ月ぶりに番外編Nゲージのコーナー更新です。こちらは
前回の続編となります。
(最初から見る場合にはこちらからどうぞ→

click !

.17.07.02
 旅のコーナー更新です。
 今回は茨城県の土浦を訪れました。江戸時代に城下町として
発展してきたところで、今も昔の町並みが残されています。今回
のコメントはちょっと辛口です。

click !

.17.06.26
 里便りのコーナー更新です。
 今回は黒羽城址のアジサイ、それから大田原の小砂地区の
風景をご覧いただきます。

click !

.17.06.22
 6月中にオリジナル球体関節人形 saori をヤフオクに出品予定
とお知らせしていたのですが、トラブル発生によりちょっと延期さ
せていただきます。今しばらくお待ち下さい。

.17.06.17
 旅のコーナー更新です。
 今回は横浜の磯子区を訪れました。こちらには過去に横浜
市内を走った市電の保存館や、昔ながらの商店街があったり
します。

click !

.17.06.12
 先週末に平塚市美術館に行ってきました。
 今回は撮影可の作品が一切なかったので、感想のみテキスト
で報告します。

  展覧会の内容は「リアルのゆくえ」と題された写実絵画の企
画と「神奈川の名所めぐり」という浮世絵に関するものでした。
 会場は最終日ということでけっこう混んでました。ホキ美術館
に行ったことのある人はけっこう 訪れているんじゃないでしょう
か。絵画の世界はお人形の世界と違って、リアルな世界が今
熱いです。
       
     「リアルのゆくえ」という企画は、高橋由一や岸田劉生に始まる
写実絵画が現代にどう引き継がれ、発展していったかというテーマ
なのですが、こういった初期の画家の作品を、後の画家さんたちが
どうにかして越えようとチャレンジし続けてきたことが良く分かります。
 最後は現代の作品が並びますが、野田弘志さんや礒江敦さんら
の高度のテクニックはやっぱりすごかったです。
 あと浮世絵「神奈川名所めぐり」も同時開催されてました。浮世絵
というと、北斎や広重といった江戸期の絵師が有名ですが、今回は
あまり目にすることのない、明治以降、昭和初期までの作品も多く
展示していてとても興味深い内容でした。
 実際、 印刷技術の進歩もあって、明治以降は浮世絵自体の需要
はなくなってゆくんだけど、そんななかで作品を作り続けた絵師の
作品の完成度がすごい。ものすごく洗練された作品を残してます。
 川瀬巴水とかエリ ザベス・キースの作品は買えないだろうけど欲
しくなりました。
 そうある意味、浮世絵は江戸期までの写実絵画だったんだよね。

.17.06.09
 nano の画像をUPしました。
 梅雨入り前の早朝にお散歩したときの記録です。

click !

.17.06.07
 本屋さんに行ってみたらこんな本を売ってました。ぱらぱらと
めくってみたら、骨格の形状によってきれいに撮影する方法が
違うという記事を中心にメイクやポージングの解説もあったりし
ます。
 内容的にはちょっと専門的だけど、ドール制作や撮影に生か
せそうな内容なので購入してしまいました。美しく撮影するには
造形にあわせたメイクとライティングが大切なんだね。

.17.06.06
 久しぶりに番外編Nゲージのコーナー更新です。といっても
今度もNゲージはなし、ちょっと懐かしい街の風景を再現した
いと思っています。

click !

.17.06.04
 saori の画像をUPしました。
 こちらの作品はちょっとだけメイクをやりなおしたあと、ヤフ
オクに出品する予定です。

click !

.17.06.01
 デザインフェスタ無事に終了しました。たくさんの方々にご覧
いただき、とても嬉しく思います。
 今回の更新はそのイベントリポートです。

click !

                              today 部分をまとめたもので、当サイトの履歴を確認することができます。
                                               過去の履歴